COLUMN

ダウンロード.png
ダウンロード (2).png
ダウンロード (1).png
tw.png
detail_flag_Philippines-01.png
000000024324.jpg
2000px-Flag_of_Vietnam.svg.webp
ダウンロード (4).png
IMG_7-3.jpg
ダウンロード (3).png

COVID-19 シンガポールの現状

 

国内対策状況

​情報提供元 WHO(世界保健機関)

LOCKDOWN

 

×

STAY HOME 

×

TRAINS 

STORES 

​△

WORKPLACE 

​△

都市封鎖 

外出規制 

交通機関 

店舗施設 

職場 

  • 第2派が収束しつつあり、現在目立った規制はされていない。

  • ただ、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、飲食店内の利用は1グループあたり最大5名まで、
    家庭への訪問も最大5名までとされている。

  • また、通勤についても、政府からはリモートワークが推奨されており、オフィスの利用は最大でも通常利用人数の50%までとされている。

 

​調査対応状況

​△

​△

​△

​△

グループ / デプス

インタビュー 

家庭訪問 

CLT(会場調査) 

街頭インタビュー 

オンラインアンケート 

  • 全体的に、実施不可の調査手法はないが、多くで一定の制限が見られる。

  • グループインタビュー等では、原則オンラインが推奨される。
    また、グループの対象者人数も、政府の家屋への制限を踏まえ、最大5名までとなっている。

  • 家庭訪問は実施可能だが、上記の制限と同様、訪問可能人数は最大5名まで。
    また協力率は通常より低く、リクルートが普段よりも時間がかかるとされている。

  • 会場調査においても、1コマで呼べる人数が5名まで。

 

Topic

(9/1 現在)

  • 8月上旬までは連日3桁台であった第2波が収束し、現在は50名前後で推移。
    多くは海外からの渡航者である。

  • 8月31日までは、シンガポール入国時に14日間の隔離制限が取られていたが、9月1日より緩和。

  • ブルネイとニュージーランドは、入国後の14日間の隔離義務を免除。
    空港で検査して陰性であれば、その後の行動に制限が課されない。
    (ただし、シンガポールへの渡航前に、上記2ヶ国のどちらかに14日間以上滞在している事。

  • オーストラリア(ビクトリア州を除く)、マカオ、中国、台湾、ベトナム、マレーシアからの渡航者についは、14日間の隔離期間を7日間に短縮し、隔離は自宅またはホテル等の宿泊施設での実施が可能となった。