COLUMN

ダウンロード.png
ダウンロード (2).png
ダウンロード (1).png
tw.png
detail_flag_Philippines-01.png
000000024324.jpg
2000px-Flag_of_Vietnam.svg.webp
ダウンロード (3).png
IMG_7-3.jpg
ダウンロード (4).png

COVID-19 マレーシアの現状

 

国内対策状況

​情報提供元 WHO(世界保健機関)

LOCKDOWN

 

×

STAY HOME 

×

TRAINS 

STORES 

​△

WORKPLACE 

​△

都市封鎖 

外出規制 

交通機関 

店舗施設 

職場 

  • 7月、8月と1日あたりの新規感染者数は最大20名程度で推移し、かなり小康状態を保っていたが、9月上旬からまた新規感染拡大が広まりつつあり、連日50人を超えている。

  • 一方で、市内の制限状況はかなり緩められ、今年いっぱいを目途に現在もRMCO(Recovery Movement Control Order)の制限下にあり、国内移動、州を超える移動、ホーカーセンターや屋台、セルフ式ランドリーの利用などは許可されている。ただし、店舗は原則22時まで。

  • オフィスへの通勤も制限されていないが、一部企業では現在もリモートワークが推奨されている。

 

​調査対応状況

​△

​△

グループ / デプス

インタビュー 

家庭訪問 

CLT(会場調査) 

街頭インタビュー 

オンラインアンケート 

  • 蜜を避けるため、グルインは対象者は最大6名まで、家庭訪問は訪問が最大2名までとしている。

  • CLTや街頭調査については、マスクを付け、ソーシャルディスタンスを保っているならば、実施は可能。

 

Topic

(9/24 現在)

  • 8月28日、ムヒディン首相がテレビ演説にて、条件付き活動制限令(Recovery Movement Control Order:RMCO、PKPP)の12月31日までの延長を発表。今年いっぱいは「外国人観光客のマレーシアへの入国」は許可されない模様。

  • 公共の場においてマスクを着用する事が義務付けられており、違反していた場合には罰金1000RM(約3万円)が課せられます。

  • また、新型コロナウイルス感染者及び海外からの帰国者には14日間の自宅での自主隔離が求められ、ピンクのリストバンドの着用が義務付けられています。13日目に指定病院で再検査の後、リストバンドが外されるという仕組みです。