COLUMN

ダウンロード.png
ダウンロード (2).png
ダウンロード (1).png
tw.png
detail_flag_Philippines-01.png
000000024324.jpg
2000px-Flag_of_Vietnam.svg.webp
ダウンロード (4).png
ダウンロード (3).png
IMG_7-3.jpg

COVID-19 インドネシアの現状

 

国内対策状況

​情報提供元 WHO(世界保健機関)

LOCKDOWN

 

×

STAY HOME 

×

TRAINS 

​△

STORES 

WORKPLACE 

​△

都市封鎖 

外出規制 

交通機関 

店舗施設 

職場 

  • 交通機関は運航しているものの、通常より少ない本数で運行されている。また、乗客率も通常より少ない。

  • 6月2日以降、政府は職場への通勤を認めたが、通常利用者の50%を最大として制限。
    また、大手企業では、引き続きリモートワークで実施されている。

 

​調査対応状況

​△

​△

グループ / デプス

インタビュー 

家庭訪問 

CLT(会場調査) 

街頭インタビュー 

オンラインアンケート 

 

  • 施設内での蜜を避けるため、グループインタビューはオンラインでの実施を推奨されている。
    デプスインタビューであれば施設内での実施が可能。

  • 家庭訪問は可能であるが、拒否率が高まっているため、リクルートに通常より長い時間が必要とされている。また、訪問出来る人数も限定的。

  • 会場調査、街頭インタビューは可能であるが、会場調査は通常より広い部屋を借りる事で、蜜を避けるなどの処置が必要とされる。

 

Topic

(9/1 現在)

  • アジアにおいても、フィリピンに次ぐ感染者数が多い国で、依然、感染者数の拡大は押さえきれていない。

  • 9月1日現在で、総感染者数は18万人迫り、8月29日は新規感染者数が3,308人と9月1日現在において過去最多。8月27日より3日連続で、1日あたりの最多人数を更新した。

  • 8月31日、政府は「感染力10倍のコロナ変異株」がインドネシアでも発見されたと発表。
    これまで、シンガポールやマレーシアで発表されたウイルスと同様のものであった。

  • 世界保健機関(WHO)では、この変異株を新たに変異したものではなく、2月以降に北米や欧州で増加しているGグループと推定している。韓国内で5月初めに梨泰院(イテウォン)のクラブ発の流行以来、主に見られている種類との事。