COLUMN

ダウンロード.png
ダウンロード (1).png
tw.png
detail_flag_Philippines-01.png
000000024324.jpg
2000px-Flag_of_Vietnam.svg.webp
ダウンロード (4).png
ダウンロード (3).png
IMG_7-3.jpg
ダウンロード (2).png

COVID-19 中国の現状

 

国内対策状況

LOCKDOWN

 

×

STAY HOME 

×

TRAINS 

STORES 

WORKPLACE 

都市封鎖 

外出規制 

交通機関 

店舗施設 

職場 

 

  • 7月下旬から8月上旬に掛けて、連日100人を超す新規感染者が見られたが、8月下旬現在、新規感染者は連日30名前後で推移しており、特に国内において制限等は敷かれていない。

  • そのため、国内での制限は店舗なども含めて一切見られず、公共交通機関を利用する際には、
    マスク着用というマナーだけにとどまっている。

 

​調査対応状況

グループ / デプス

インタビュー 

家庭訪問 

CLT(会場調査) 

街頭インタビュー 

オンラインアンケート 

 

  • 調査における制限も特に見られなく、グループインタビューや会場調査のように、
    複数人が特定の会場に集まってインタビューする事も実施可能。

  • 特にオンラインでのインタビュー実施を推奨はしていない。

 

Topic

  • (21年1月28日)
    中国で1月28日、2月12日の春節(旧正月)を故郷で過ごす人たちのための特別輸送態勢「春運」が開始。
    例年40日間に約30億人が移動するとも言われる帰省ラッシュだが、新型コロナウイルスの感染再拡大を警戒する政府が、帰省自粛を呼び掛け、PCR検査の義務付けなど移動規制を強化した。
    なお、政府が規制自粛を呼びかけるのは過去初めて。
    北京では年に1度の政治イベント、全国人民代表大会(全人代、国会に相当)が3月5日に開幕予定。
    昨年はコロナの影響で5月に延期された全人代を今年は例年通り3月に開催してコロナ抑え込みをアピールするためにも、「首都防衛」が最重要課題となっている。

     

  • (20年8月22日)
    報道で、約1ヶ月前にさかのぼる7月22日より、中国政府が新型コロナウイルス向けワクチンの
    緊急投与を正式に始めたことが発表された。
    医療従事者のほか、防疫や検査担当者、交通機関の担当者が対象となっている。
    ワクチンについては中国国内でも連日報道されており、一般市民の接種も期待はされているが、消費者の多くはまだその効果や副作用に対して懐疑的であり、すぐに接種したいという訳ではない模様。
    弊社グループの中国オフィススタッフも、「1番手は避けたい」と漏らしていた。