ACORN

Japan

フードスプレッド

 

04/2021    

肥満化が進む中国

2020年12月23日、中国国務院が「国民栄養及び慢性病に関する報告」を発表しました。

この報告は現在の中国国民の健康と栄養状態を示しています。

2020年の報告は2015年から2019年までの中国全土で60万人以上を対象にした調査結果に基づいています。よって、現在の中国全体の健康状況を正しく示したものといえます。2015年の報告と比較することで、中国人の健康の変化も把握することができます。男女とも平均身長が高くなり、それに伴って体重も増加しています。中国人の体格が5年間の間に充実してきたことがわかります(図1)。

 

COLUMN

・体格の充実に伴い現れる「肥満」問題

肥満を計る国際基準にBMIがあります。

日本でもメタボリックシンドロームの診断基準の一つとなっています。

BMIによれば、中国の肥満率は18歳以上の肥満1度(BMI25~30)が34.3%、肥満2度(BMI30以上)が16.4%。つまり18歳以上の肥満の人の割合は体の50.7%になるというわけです。しかも由々しいことに、肥満率は調査のたびに上がっています(図2)。6~17歳の肥満率も既に19%に達していますので、今後も肥満が増え続けることが懸念されます。

肥満に至る背景

では、なぜ中国では国民の肥満化が進んでしまっているのでしょうか。日本も含めた他の国でも見られる理由として、経済発展の恩恵による飲食習慣の量と質の変化はもちろん中国でも考えられます。特に近年は油脂、肉の消費が顕著に増えて、逆に豆類の消費が減ってることが一因と捉えられます。

・肥満から生じるリスク=生活習慣病

日本肥満学会では、日本人はBMIが25を超えたあたりから、耐糖能障害、脂質異常症、高血圧といった合併症の発症頻度が高まることが示唆されています。図4は肥満と生活習慣病の関係図です。例えば、肥満から高脂血症になり、動脈硬化を引き起こし、やがては命を脅かす重篤な心臓病に至ります。

中国の肥満化は進んでいますので、生活習慣病の発症率も2015年から2020年にかけて高くなっています。高血圧25.2%→27.5%に、高コレステロール血症4.9%→8.2%糖尿病糖尿病が糖尿病とう9.7%→11.9%と増加しています。慢性閉塞性肺疾患も生活習慣病の一つですが、これも肥満と相関関係があり、9.9%→13.6%に増加しています。日本の肥満率27%、中国50%ですので、高血圧や高脂血症の発症率も中国では極めて高くなってしまっています。中国の人口は2020年時点で14億3565万人(WHO World Health Statistics 2020)ですので、夥しい数の肥満人口が生じていることになります。肥満について分析を深め対策を講じることが、生活習慣病を回避し、健康な生活をもたらすことに繋がります。

レッドランタン

 

04/2021    

肥満化が進む中国

 

・地域別の肥満

2014年の研究によると一般型肥満率の全国平均は14.0%で、そのうち男性が14.0%、女性が14.1%であります。地域別の平均値(図1)みると北京は肥満率が一番高くて、男女がそれぞれ26.6%、24.9%であり、最南の海南では男性が4%未満になっており、北京では4人に1人が肥満であることを指しています。図2のようににして見ると南から北へかけて肥満が高まっている。一般的には寒いどころでは、運動量が減り、代謝が遅くなる傾向があり、暖かいどころが代謝が速い傾向があると見ています。

 

・内臓脂肪型の肥満

中国では腹囲が男性90㎝以上、女性85㎝以上をメタボリックシンドローム基準にしている。地域別の腹囲を降順ソートしたが図3の通りです。 全国平均が35%というのはBMIよりも深刻であり、特に一位の天津は50%~60%であります。この地域の人は半分の人が太って見えるとのことでしょう。

地域の地図にしてみると、BMI同様に南から北へ太ってくことがです。

・食生活から来たのでは、仮説

中国は経済発展とともに、カロリーの摂取量が増えていました。肥満率とメタボ率のTOP11 と人口当たりGDP人口当たりGDPと比較すると(図5)、現在の経済規模と肥満には関係ないことがわかります。肥満、メタボの理由は飲食習慣にあるのではと思います。